「無添加」へのこだわり。

体に悪いものは使わない。そんな当たり前のことに目をつぶり、コスト優先で、化学建材を多用した工業化住宅をつくり続けてきた日本の住宅産業。
その結果シックハウスは起きてしまったのではないでしょうか。
しかも日本の住宅の平均寿命はわずか26年。化学合成接着剤が20年から30年で劣化して、結果的に接着剤の寿命が住宅そのものの寿命につながっているのです。30年近くもローンを払い続けて手に入れた家が、やっと払い終える頃になって立て直さなければならないなんて、おかしい。
合成接着剤や化学建材などの体に悪い化学物質を使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究を行い、建材に使う天然素材は吟味に吟味を重ね、化学物質をできるだけ使わずに究極の無添加を実現し、「無添加住宅」が誕生したのです。 私たちは、家も自然と共存して生きていける場であることを基本に、「誰もが」「普通に」「安心して」100年は住める、世界で一番自然に近い家を建てたいと考えています。

お手本はむかしの家づくり。

化学物質を使い始める以前、日本の家は面積の広い壁には土、柱はヒノキ、梁はマツ、床は畳、間仕切りには障子やふすまといったもので建てられていました。日本人が健康に暮らしてきた「むかしの家」の、たくさんの土と少しの木、そして草や紙というバランスには大きな意味があるのです。

私たちが「無添加住宅」をつくる理由

無添加住宅とは読んで字のごとく、自然のままの、化学薬品などを一切加えない材料だけを使って建てた家のことです。
私たちが無添加住宅をつくる理由は、
人の身体に害を与える家に住んでほしくないからです。
もちろん、無添加住宅ではないからといって、すぐに体調が悪くなるとかいうことではありません。化学物質を使った家に住んでいても、症状が全く出ない方もいらっしゃいます。なぜなら、人間は住宅の建材等から出ている揮発性化学物質に対して、ある程度の許容範囲を持っているからです。
ですが、その許容範囲を超えると、シックハウス症候群、さらに進むと化学物質過敏症といった症状を引き起こしてしまうのです。

シックハウス症候群とは、新築直後の室内空気汚染によって引き起こされる病気です。一般的な住宅では、建材や建材関連品に、大量の揮発性化学物質が使われており、それらが原因となって発症します。
家の中に入ると目がしみる、涙が出てくる。鼻水が出る、鼻が詰まる。喉が痛い、動悸がする、頭が重いなど、様々な症状が現われるようになります。患者数は全国で100万人以上とも言われています。元来アレルギー疾患のあるお子様の場合、アトピー性皮膚炎や小児気管支喘息が悪化する場合もあります。また、シックハウス症候群が悪化すると、慢性的に化学物質に激しく反応して、通常の日常生活をおくることすら困難になる化学物質過敏症を発症することもあります。

住宅業界で初めて
『シックハウス保証』はじめました。

無添加住宅に新築ご入居されたお客様において、完成引き渡し後3年以内にシックハウス症候群を発症した場合、株式会社無添加住宅と株式会社考建が協力して症状が改善するまでメンテナンス(再工事)を保証いたします。もともと安全な無添加住宅の空気環境に、さらに安心な保証が適用されるのです。

(株)考建に
申し出てください。

引き渡し時に
(株)無添加住宅より
保証書発行

ご入居後、
シックハウス症候群を
発症した場合。

メンテナンス工事終了後、症状の経過を確認。

(株)無添加住宅、(株)考建、お客様、三者立ち会いのもとメンテナンス範囲を決定し工事着工。

ご訪問し、
お客様の症状の確認。

以下の場合は本保証は適用されません。
1. 無添加住宅の素材以外の建材および搬入設置している家具等、無添加住宅の素材以外の物質から発生する化学物質が原因と想定される場合。
2. ご入居前からシックハウス症候群もしくはその疑いがある方。
3. ご入居前から化学物質過敏症もしくはその疑いがある方。